「はちのこプール」の終了ついて

今後も暑さが続く事からプールの中や行き帰りでの熱中症を考慮して、
8月2日の回をもって今年の「はちのこプール」は終了します。

次回8月8日(水)に予定していました「はちのこプール」も中止になります。
また、8月10日(金)の「命を守る ういてまて講習会」も中止とします。

楽しみにされていた自動皆さん、ごめんなさい。

なお、中止の決定は全国的に用いられている”暑さ指数(WBGT)”の予測を基に決定しています。
以下の環境省が公開しています情報をご覧ください。
〔環境省 熱中症予防情報サイトより抜粋(http://www.wbgt.env.go.jp/)〕

暑さ指数(WBGT)とは?

暑さ指数(WBGT(湿球黒球温度):Wet Bulb Globe Temperature)は、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標です。 単位は気温と同じ摂氏度(℃)で示されますが、その値は気温とは異なります。暑さ指数(WBGT)は人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい ①湿度、 ②日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、 ③気温の3つを取り入れた指標です。

暑さ指数の使い方

暑さ指数(WBGT)は労働環境や運動環境の指針として有効であると認められ、ISO等で国際的に規格化されています。 (公財)日本体育協会では「熱中症予防運動指針」、日本生気象学会では「日常生活に関する指針」を下記のとおり公表しています。労働環境では世界的にはISO7243、国内ではJIS Z 8504 「WBGT(湿球黒球温度)指数に基づく作業者の熱ストレスの評価-暑熱環境」として規格化されています。

 

「はちのこプール」の終了ついて